体の痛みの原因は

医者

60代以上の女性は要注意

最近何だか寝返りを打ったり起き上がったりする時に痛みを感じているという人も中にはいるでしょう。そういった人の中にはもういい年だからと諦めてしまっている人も少なくありませんが、実はそれは圧迫骨折が起きてしまっていることが原因である可能性もあるので注意が必要です。人間の背中には背骨があって体をバランス良く支えています。しかし、この背骨が体の重みに耐えきれずに潰れてしまうと骨折してしまうことがあるのです。これが圧迫骨折であり、背骨に起こる場合には脊椎圧迫骨折と呼ばれています。この脊椎圧迫骨折はちょっとしたことでも起きてしまう場合があり、重いものを持ち上げたりくしゃみをしただけで起きてしまう人もいます。しかし、高齢者が誰でも脊椎圧迫骨折してしまうというわけではありません。脊椎圧迫骨折が起きやすい人には共通点もあるのです。それが骨密度が低くなり、骨が脆くなってしまう骨粗鬆症であるということです。特に注意しなければならないのは60代以上の女性です。古い骨が破壊され新しい骨が造り出されるのには女性ホルモンが大きく関係しているとされており、女性ホルモンが減少してしまうと骨粗鬆症になるリスクが高まってしまうのです。いつの間にか背中が曲がってしまい猫背になっているというのも骨粗鬆症によって圧迫骨折が起きてしまったのが原因である可能性があるのです。そのため、体の痛みや背中の曲がりは年のせいだと諦めずきちんと病院を受診することが大切です。

Copyright© 2018 脳梗塞による麻痺の症状【ダメージを受けた脳の逆側に後遺症が残る】 All Rights Reserved.