投薬からスタートする

医師

リハビリも行われる

手足が動かし辛くなったり、力が入らなくなったりした場合は疲れが溜まっていると判断する場合があります。また、普段よりも視界が悪いと感じた時は、目にゴミが入ったことまずは疑うでしょう。しかし、これらの状態は疲れやゴミが原因とは限りません。脳梗塞を発症している場合にも同様の症状が出るので、もっと自分の体の状態に危機感を持つべきです。また、麻痺の発生も脳梗塞の代表的な症状の1つなので、感じた場合は放置するのではなく、病院で診察を受けるべきです。麻痺の症状があるので病院で診察を受け、脳梗塞と判断された場合は治療を受けることになります。脳梗塞の治療は投薬からスタートすることになるので、手術を受けるわけではないです。脳梗塞の麻痺は血管が詰まることが原因で発生するので、投薬によって少しずつ固まりを溶かしていきます。また、投薬は脳を保護したり、腫れを抑えたりする効果もあるのでとても重要です。ただ、血液の流れをスムーズにするだけで麻痺が改善するわけではないです。麻痺を改善し、以前までのように自由自在に動かせるようにするため、リハビリが行われます。リハビリを開始したばかりの時は思い通りに動かず、イライラしたり、悲しくなったりすることはあるでしょう。しかし、リハビリに力を入れて取り組むほど回復できるので、大変な状況の中でも自分を信じて奮闘することが大切です。リハビリでの回復具合でメニューが変わったり、一時帰宅が可能になったりします。

Copyright© 2018 脳梗塞による麻痺の症状【ダメージを受けた脳の逆側に後遺症が残る】 All Rights Reserved.