高齢者に多い外科疾患

医者

高齢者に頻発する骨折

圧迫骨折とは胸腰椎、とりわけ腰椎に発生しやすい脊椎の椎体部に頻発する骨折である。多くは骨粗しょう症など骨の脆弱性を背景に持つ高齢者に発生しやすく、受傷機転としてはしりもちなどの転倒によるものが一般的であり、発症機転が不明で、背部痛を訴えて診察を受け、レントゲンやCTなどの検査で初めて骨折が発覚するケースも珍しくはない。骨粗しょう症などで骨の強度が低下すると体の骨が骨折しやすい状態となり、腰椎圧迫骨折や橈骨遠位たん骨折、大腿骨警部骨折などが代表としてあげられる。事故などの外傷性によるものもあるが、多くはこのような骨の脆弱性によるところが原因であり、予防策として、高齢者はロコモティブシンドロームなどの運動器障害の予防で転倒を防ぐ、また定期的な骨の検査を近隣の診療所などで行うことで骨を健康な状態として維持しておくことが重要である。では実際腰椎圧迫骨折を引き起こした場合、どのような治療がなされるのか。多くは入院をして安静期間をもうけ、骨折部位がくっついてくるのをまつ。その後はコルセットを着用して痛みの範囲内で体を動かし、リハビリテーションをしっかり行って日常生活の機能を取り戻していく。しかし骨折部位が多発している、椎体部の破壊が激しい、神経症状など痛み以外で多くの症状が出現しているなどは上記のような保存療法の適応外となり、外科的手術が必要となり、手術を強いられてしまう。圧迫骨折は繰り返しやすい疾患でもあり、普段から理解して予防に取り組むことが必要である。

Copyright© 2018 脳梗塞による麻痺の症状【ダメージを受けた脳の逆側に後遺症が残る】 All Rights Reserved.